ビジネスマインド

カジノディーラーが必要なったことから見える未来

今日はまた別業界のお話しをします。

2018年にカジノ法案が可決されたことはご存知でしょうか?
日本でのカジノが合法化したのです。

しかし、これはまだ合法化が決定しただけで、
日本でのカジノシティはまだ完成はしていません。

有力な候補地としては、

●北海道(苫小牧)
●東京(お台場)
●千葉(幕張新都心)
●神奈川(横浜・山下ふ頭)
●静岡(牧之原市)
●大阪(夢洲)
●和歌山(マリーナシティ)
●長崎(ハウステンボス)

上記のどこかでカジノシティが出来るわけですが、
候補地が確定するのはおそらく2021年〜2022年頃といわれています。

そう、今年から来年辺りにはどこにカジノが出来るかが決まるのです。

そして、日本初のカジノは2025年頃をオープン予定としています。

しかしながら、日本にはこれまでカジノ自体が無かったことから、
プロの「カジノディーラーという仕事」が存在しませんでした。

当然、必要性が無いので教育機関もありませんでした。

それが今、2021年〜2022年に候補地が確定し、2025年に日本初のカジノがオープン予定となったことで、

「カジノディーラーのプロを育成する為の教育機関」が必要となったのです。

さて、ここで話を通信業界に戻しますが、

総務省へ届出をすれば個人でも通信を扱えるとなれば
「収入源の一つとして取り入れたい!」という人が増えています。

しかし、今まではその必要性が無かった為に通信、回線についてを学べる教育機関が無かったのです。

今現在、通信、回線についてを学べて資格まで取得出来る教育機関は日本国内に当協会だけです。

講習会では、履歴書にも記入出来る資格を即日取得していただけますので、
是非当協会で学ばれ、お仕事に繋げていただけたらと思います。

 

講習会のご予約はこちらから

予約コード → j309290