ビジネス 資産運用

貧乏が貧乏であり続ける理由。お金持ちがお金持ちで居続けられる理由。

投稿日:2017年5月9日 更新日:

 

 

 

こんばんは!こいけんです(^ ^)

 

 

 

突然ですがあなたは、

 

お金持ちになりたいですか?

 

 

 

この世に『お金持ちになりたくない』人はおそらくいないと思います。

 

ただ、現状は我慢しなければいけない生活を強いられている人がほとんどで、

何故皆んな『お金持ちになりたい』と思っているのに、実際にお金を得る事が出来ないのでしょうか?

 

給料が少ないから?

学歴が無いから?

小さな会社で働いているから?

生まれが裕福な家庭ではなかったから?

 

お金持ちになれない理由をあげればキリがないですね…。

 

 

そして、お金を得ている人とそうでない人の違いは一体何なのでしょうか?

 

 

 

 

本日は、とある企業の社長さんとお話していた時の内容で、

 

『貧乏が貧乏であり続ける理由』

『お金持ちがお金持ちで居続けられる理由』

 

をお話したいと思います!

 

 

 

 

 

貧乏とお金持ちは何が違う?

 

 

お金を持つ事が出来ない人間は決まって、『何故稼げないんだろう…』と嘆きます。

 

 

ただ、お金持ちがお金持ちであり続ける理由は、実は明確に決まっているのです。

それは、富を作る為の『知識』や『情報』の有無。

 

今時代、知識と情報が欠如すれば、仮にお金持ちであったとしても富を失う事に繋がります。

 

 


知識&情報=富

 

と言っても過言ではありません。

 

 

 

つまり、ゼロからお金持ちを目指すのであれば、

まず、富を作る為の『知識』と『情報』を手に入れなければならないのです。

 

 

 

 

 

そして、あなたは『体力』と『知力』のどちらでお金稼ぎをするのか?

 

これはとても重要です。

 

 

◼︎体力で勝負する場合

・身体は一つしかない

・1日は24時間である

・怪我、病気をすれば働けない

・年を重ねる毎に体力が衰えてゆく

 

 

◼︎知力で勝負する場合

・自分以外の身体を使って稼ぐ事が出来る

・人、お金、個人の信用を使う事が出来るので、24時間の制限は無い

・自分が怪我、病気で入院していても稼ぐ事が出来る

・年を重ねる毎にお金を稼ぐ為の知識が豊富になってゆく

 

 

 

この様にお金の稼ぎ方は、

『体力を使って稼ぐ方法』と『知力で稼ぐ方法』の2パターンがあります。

 

 

 

あなたは、体力を使って稼ぐ派ですか?知力で稼ぐ派ですか?

 

 

そして、これからはどちらで在りたいですか?

 

 

 

 

 

知力を使って稼いで行きたいと思われた方は、是非LINE@にご連絡ください^^

 

 

 

 

 

では、明日も20時に更新致します!

 

 

 

p.s 体力で稼ぎ続けるのって、限界があるよね…

 

-ビジネス, 資産運用
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

男性と女性、どちらの方がリスクが大きい!?女性こそ副業を始めるべき理由

  ⬆︎⬆︎⬆︎ 資産運用のブログランキングに参加中なので、ポチッと押して頂けると励みになります♪         こんばんは!こいけんです^^ &n …

バイナリーオプションは上位足を見る事で勝率を上げる事が出来る

  ⬆︎⬆︎⬆︎ ブログランキングに参加中なので、ポチッと押して頂けると嬉しいです♪           こんばんは!こいけんです^^ &n …

資産運用&ビジネス勉強会 2018/03/11

こんばんは!トライスペード副代表のこいけんです✋✨   最近ブログの更新をサボってLINE@ばかり更新していたので、 久しぶりにブログを更新します!!     トライスペ …

バイナリーオプションよりも遥かに手堅い資産運用法 月利10〜30%で複利運用

バイナリーオプションブログランキングに参加中なので、”ポチッ” と押して頂けると嬉しいです♪ ⬇︎⬇︎⬇︎             &nbs …

現役大学生と面接をして感じた事

こんばんは!こいけんです(*^^*)/       本日は、現在千葉県にお住まいの現役大学生の子との面接が御座いましたので、 色々な話をした中で私が感じた事をまとめたいな …

investmentRecord

資産運用実績

schedule

勉強会日程

弟子募集

弟子募集

KTGプロジェクト

KTGプロジェクト

カテゴリー

アーカイブ

disciple

disciple

初心者用記事

初心者用記事
※初心者用記事※