実績

総務省がMNO(docomo、au、SoftBank)からMVNO(格安SIM)へ市場を20%移そうとしている理由

MVNO(格安SIM)業界で言えば、

Lineモバイル/楽天モバイル/UQモバイル/HISモバイル/y.uモバイル/BIGLOBEモバイル/ワイモバイル/イオンモバイル/OCNモバイル/ロケットモバイル/nuroモバイルエキサイトモバイル/IIJmioモバイル/mineoモバイル/LlinksMateモバイル/エックスモバイル/ペンギンモバイル/マインモバイル/アクセルモバイル/ゼロモバイル

を始めとし、820社以上が存在しており、歴史で言えば18年

 

 

そしてご存知の通り、

総務省がこのMVNO(格安SIM)業界を伸ばす為に動いています。

 

国が動いている

ここに大きなビジネスチャンスを見出せる人は、波に乗ることが出来る人だと思います。

 


ギャンブル?煙草?風俗?ドラッグ?
「中毒」を扱えるビジネスは儲かる
(合法的に儲けたい人専用)
https://youtu.be/2yqmZ8CMXJk

 

MVNO(格安SIM)代理店としてのメリット
(1日1契約の獲得で1年後には年収638万円の継続権利収入)
https://youtu.be/zXerBXorxkU

 

 

・代理店参加希望
・質疑応答をしたい
・事業内容をより詳しく確認したい

ご要望が御座いましたら下記までお問合せください。

 

【お問い合わせ専用フォーム】
https://bit.ly/32352TC

Mail:starservice4860yen@gmail.com