実績

MVNO(格安SIM)ビジネスが圧倒的に稼ぎやすい根拠【菅首相のコメント】

MVNO(格安SIM)業界で言えば、

Lineモバイル/楽天モバイル/UQモバイル/HISモバイル/y.uモバイル/BIGLOBEモバイル/ワイモバイル/イオンモバイル/OCNモバイル/ロケットモバイル/nuroモバイルエキサイトモバイル/IIJmioモバイル/mineoモバイル/LlinksMateモバイル/エックスモバイル/ペンギンモバイル/マインモバイル/アクセルモバイル/ゼロモバイル

を始めとし、820社以上が存在しており、歴史で言えば18年

 

 

そしてご存知の通り、第99代内閣総理大臣に指名をされた菅義偉さんが

MVNO(格安SIM)市場を日本で根付かせようと動いています

 

【菅首相のコメント抜粋】

端末を安く買っても、結果的には通信料で皆さん大きく支払って来た

だから、端末と通信費を明確に分け料金の透明化する法律を作った

なので、MVNOという格安市場はかなり料金を下げれた

 

しかし、”大容量” の大手三社は市場の寡占状況が9割

 

世界的にも “最も高い” と言われている料金で高止まりしているから、

そこにメスを入れる。

 

 

菅首相のコメントを踏まえて考えた時に、

スターサービス株式会社が扱う商材は、

“大容量”(60ギガ)で4,860円の定額サービス

 

狙いどころが鋭い。

 

 

国が動いている(時流)

 

ここに大きなビジネスチャンスを見出せる人

そして、それを掴める人は波に乗ることが出来る人だと思います。

 


=======関連動画=======

MVNOでプランが2つ以上ある会社は
収入が年々減ってしまう可能性がある根拠
https://youtu.be/9xzkAIJY_hU

 

7,500円は何の為に払うのか?
スケールメリット(数の力)で成長していく
https://youtu.be/-JmdllXMdFg

 

スターサービスが圧倒的に稼ぎやすい理由
(ライバルが後から出て来れない仕組み)
https://youtu.be/pQ6FipXTehg

 

本物の権利収入を作りたいなら
リピート率(継続率)を意識せよ
https://youtu.be/_LA1_GUv1Gk

 

通信費からの永続30%利権。
格安SIM代理店報酬だけで十分に儲かるからこそ人材が集まる
(MLM収入はあくまでもおまけ)
https://youtu.be/zXerBXorxkU

 

ギャンブル?煙草?風俗?ドラッグ?
「中毒」を扱えるビジネスは儲かる
(合法的に儲けたい人専用)
https://youtu.be/2yqmZ8CMXJk

 

総務省がMNO(docomo、au、SoftBank)から
MVNO(格安SIM)へ市場を20%移そうとしている理由
https://youtu.be/1L24Stc9wkA