ビジネスマインド

デキる人から協力してもらえる自分になる方法

30日間連続更新チャレンジ15/30です

もう7月も半月が過ぎようとしていますね

 

 

『継続は力なり』

 

継続しているというその事実

自分だけが知っているその事実が、

 

貴方を支える自信となる。

 

 

何か一つで良いので、

ちょっとした事で良いので、

 

貴方も僕と一緒に30日間何かにチャレンジしてみませんか?

 

 

 

さて、今日のテーマは、

 

”デキる人から協力してもらえる自分になる方法”

 

こんなテーマで書いて行きます

 

 

デキる人の協力を仰いだ方が成果を早く出せる

務め仕事でも個人事業でも同じ事で、

デキる人に協力を仰いだ方が成果を早く出せます

 

そしてこれは、スポーツでも勉強でも同じです

デキる人に協力してもらった方が成果を早く出せます

 

 

では、ここで選択です

①出来るだけ早く成果を出したい
②出来るだけ成果を出したくない

 

貴方は①と②のどちらでしょうか?

 

 

これは善悪の話ではありませんが、

②の人はこれ以上読み進めても貴方の時間を無駄にしてしまうので、

ここで読み終えていただいて大丈夫です。

 

 

貴方が先輩なら、どんな人に協力してあげたいか

今のお仕事で考えてみていただいても結構ですし、

個人事業や新入社員でまだ後輩がいませんという場合なら、

中高生の時の部活動を思い出してみてください

 

僕の場合は中学で卓球部、高校で陸上部に所属していました。

 

当然ですが、自身が2年生になれば1年生が後輩、

自身が3年生になれば1〜2年生が後輩です。

 

貴方にも、今現状では後輩がいなかったとしても、

過去に何かしらで後輩がいた経験があると思います。

 

その時の経験を思い出してみてください。

 

 

さて、貴方が先輩だったとすれば、

どんな後輩にアドバイスだったり、協力をしてあげたいなと思えるでしょうか?

 

 

ここで選択です

①朝練、午後練に必ず参加して頑張っている後輩
②練習にはほぼ顔を出さないが、試合の日だけは来る後輩

 

貴方なら、①と②のどちらの後輩に協力してあげたいと思えるでしょうか

 

 

「下手くそ」には2種類ある

また、仕事でもスポーツでも勉強でも、

下手くそな人には2種類あるのはご存知でしょうか

 

しかし、この2種類は、

結果的には「下手くそ」である事は同じなのに、

意味合いが全く違う下手くそなのです

 

そして、こんな下手くそな後輩がいた時に、

貴方ならどちらに協力をしてあげたいでしょうか

 

 

ここで選択です

①やる事全部やって、それ以上にやって、それでも成果が出ない
②やってないから成果が出ない

 

①と②は、「成果が出ない」「下手くそ」という意味では同じです。

 

では、貴方なら①と②のどちらに協力をしてあげたいなと思えるでしょうか?

 

 

先輩も人間であり好き嫌いはある事を理解する

勉強でもスポーツでも仕事でもビジネスでも、

デキる人の協力を仰いだ方が成果を早く出せます

 

 

だったら、あの先輩(デキる人)に協力を仰ごう!

と先輩に交渉してみると、

 

「嫌だ」

と断られる事もあります。

(こんなに直接的には言われないでしょうが、曖昧にされたり既読スルーなど。)

 

 

そこで、

「何だよアイツ。自分が出来るからって調子乗んなよ」

 

なんて思わないでくださいね

 

 

先輩も人間です。

貴方に好き嫌いがある様に、先輩にだって好き嫌いはあるでしょう

 

 

貴方が交渉した際に

「協力してあげたい」

と先輩が思ってくれているなら、

断らないはずです。

 

 

もし断られたとすれば、それは、

貴方には協力してあげたいと思えていない。

 

これが原因です。

 

 

先輩も人間です。

好き嫌いがあって当然だという事を理解しておきましょう。

 

 

まとめ

 

一つ目の選択は、貴方は何を求めているのか?でした。

①出来るだけ早く成果を出したい
②出来るだけ成果を出したくない

 

 

二つ目の選択は、

貴方が先輩なら、どちらに協力してあげたいと思えるか?でした。

①朝練、午後練に必ず参加して頑張っている後輩
②練習にはほぼ顔を出さないが、試合の日だけは来る後輩

 

 

三つ目の選択は、

「成果が出ない」という結果は同じであっても、

貴方ならどちらに協力してあげたいと思えるか?でした。

①やる事全部やって、それ以上にやって、それでも成果が出ない
②やってないから成果が出ない

 

 

 

さて、貴方はどんな人間を目指しますか?

 

”こんな人になれば必ず協力してもらえる”

という人間像が見えたと思います

 

 

デキる人間は、人を選びます。

協力してあげる事で伸びる人間には時間を使うし、

伸びない人間には目を向けてくれません。

 

デキる人間に自分を見てもらう為には、

 

「俺(私)はやる気あるんだぞ‼️」

と、自分の存在と意思を売り込む必要があります😊