考え方

筋道を具体的にする事で確実に実現する

昨日の記事「綺麗事を語るからこそ夢は実現する」では、

夢を持ち、その夢を語る事で自分の目標が達成されてゆくといった内容を書きました

 

しかし、サッカーの本田圭佑さん、ゴルフの石川遼さん、テニスの錦織圭さんの卒業作文を読んで頂いてお気づきになられた事があると思うんです。

 

そう、

彼らの夢、目標(中間目標も含め)が、あまりにもリアルで具体的ではなかったでしょうか?

 

見ているこちらが、卒業作文通りの人生を彼らが歩む姿がイメージ出来てしまう程に…。

 

 

彼らは、小学6年生の段階で既に成功の方程式を行っていたのです

(知ってか知らずかはさておき。)

 

 

他人が見てもイメージ出来てしまう程リアルで具体的に「やる事(タスク)」を書き出しているのですから、

あとはやるだけです。

 

 

しかしまあ、口だけにならず実行して来た彼らはもちろん凄いのですが、

ここまでリアルで具体的に自分が歩むべき道を落とし込めているなら、寧ろ、

 

成功出来ない方がおかしいくらいなのです。

 

 

昨日の記事冒頭で書いた通り、現象には必ず理由があります。

 

凡人が凡人である事に理由がある様に、成功者にも成功者になるべくして成るのです

 

「何となく」で成功は出来ません。

そこには必ず理由があります。

 

 

それが今回のテーマ、「具体性」です

 

 

例えば、あなたは普段電車に乗るでしょうか?それともリッチにタクシー移動でしょうか?

飛行機には乗りますか?

バスには乗るでしょうか?

 

電車でも、タクシーでも、飛行機でも、バスでも、

何でも構わないのですが、

 

行き先(ゴール)を決めずに乗る事ってありますか?

 

 

基本的には無いですよね。

 

 

私は昨年の5月にタイに行ったり、10月に沖縄に行ったりで飛行機を利用しましたが、

アメリカに着く事も無く、九州で降ろされる事も無く、

 

しっかりタイに到着出来ましたし、沖縄にも予定通り到着する事が出来ました。

 

普段はタクシー移動が多い私ですが、

タクシーに乗車して運転手にまず聞かれる事は、

 

『お客さん、どちらまで?』

 

です。

 

 

私は25年の人生の中で、行き先も無くタクシーに乗車した事は一度も御座いません。

 

 

実はこれ、人生も同じなのです

 

 

2割の人間が成功出来て、何故、8割方もの人間が凡人のまま人生を終えてしまうのでしょうか?

 

 

生まれですか?

チャンスですか?

人脈ですか?

 

 

どれも違います。

 

 

先程申しました通り、成功出来無い8割方の凡人さん達は、

 

行き先も決めずに飛行機に乗っている様な状態なのです(^_^;)

 

目的地が、アメリカなのかフランスなのかロシアなのかオーストラリアなのか?

 

国とまでは言わずとも、せめて地域さえ定まっていれば、

近しい所までは行け、その後軌道修正が出来るでしょう。

 

しかし、自分が人生約80〜90年の中で何をしたいのか?何を得たいのか?

が、何も決まっていない人は、

 

ゴールが無いのにとりあえず飛行機に乗ってみた感じ

 

 

当然ですが、ゴールにも辿り着けなきゃ軌道修正も出来ない。

 

何故なら、人生の指標が無いのだから。

 

 

旅行に行く時、まずは計画を立ててから○月○日○時フライトの便に搭乗する様に、

成功したいならまず「人生の指標(ゴール)」を作ってから行動を起こそう!

 

 

下記のグラフは、マインドマップ(マインドツリー、ブレインダンプ等ともいう)と呼ばれるもので、

自己の脳内を可視化する事により情報を整理整頓したい時に使えるテクニックです

 

マインドマップ

 

仮に、メインテーマを「月収100万円稼ぎたい」にしてみたのですが、

上記表の様に、メインで決めたテーマを達成する為には何が必要なのか?をどんどん掘り下げてゆく感じです

 

私は、事ある毎にこのブレインダンプをして脳内を整理し、

その都度その都度最善の選択をして来て、今があります。

 

当然、今でもしょっ中ブレインダンプしては自分の事業を進めていますので、

 

参考になれば幸いです^^

 

 

 

⬇︎ 1日1回 応援タップ宜しくね♫ ⬇︎


脱サラしたい人が見ているブログ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA