お金持ちの考え方 ビジネス 資産運用

こいけん流!物事の本質を見抜く5つの方法

投稿日:

 

↑↑↑

ブックメーカー資産運用のブログランキングに参加中なので、
ポチッと押して頂けると嬉しいです♪

 

 

 

 

こんばんは!こいけんです^^

本日は『物事の本質について』です。

 

 

 

 

これは昨日の事なのですが、

僕とビジネスパートナーのS氏とで運営している『月収100万円グループ』内でS氏が発言した事がごもっとも過ぎたのでご紹介したいと思います。
まず、物事の本質を見抜くとはどう言う事でしょうか…?

 

本質…。つまりその物の核ですよね。

中心って事です。

 

中心って事は表面上ではなく、中心。中身です。

 

 

要するに ”本質を見抜く” って事は、表面上を見ていたらダメですよ〜って事ですね。

 

そして、写真からもお分り頂ける通り、

S氏は、表面上しか見れない人間は稼げないと仰っています。

 

 

まぁ、至極当然の事ですね(笑)

 

 

では、逆を言えば物事の中枢、

核となる部分を知る事が出来れば、=稼げると言う訳です!

 

 

なので今日は、こいけん流物事の本質を見抜く5つの方法を特別に教えちゃいます^^

 

 

 

其の一:数字は絶対に嘘をつかない

 

これは僕が物事を見極める時に一番意識を向けている所ですが、

数字は絶対に嘘をつきません!!

 

アフィリエイトだろうが、FXだろうが、ブックメーカーだろうが、

数字が全てであって、結局、嘘をつくのは人間なのです。

 

だから、僕は基本的に人間の「言葉」は信用しません。

信頼を出来る人間であれば別ですが

 

 

僕が信用している物は、数字です!

 

 

 

其の二:多面的に(別の角度からも)捉える

 

これもかなり重要な事なのですが、

”一方向からの情報だけを鵜呑みにする” のはかなり危険だと言えます。

 

僕が資産運用の一貫として実際に投資している手堅い投資先があるのですが、

年間利率は、30〜40%

 

投資を知っている人からすれば、年利で30〜40%出るなら十分過ぎると思いますが、

100万円投資していて、1年後には130万円。

自分の手元からお金を離しているのに(リスクを背負っているのに)1年で30万円しか増えないのか。

 

と言う見方をしてしまう人もいる訳です。

 

30万円『も』と考えるのか、30万円『しか』と捉えるのかでは、物事の見方は180°も変わってきます。

 

 

リターンばかりを気にする人もいれば、リスクばかりを気にする人もいますが、

まず覚えておいて欲しい事は、『ノーリスクハイリターン』は有り得無いと言う事。

 

リターンの前には必ずリスクが伴いますし、

逆を言えば、リスクの先にしかリターンは無いわけです。

 

 

だからこそ、リスクについてもリターンについても偏り無く見る事が大切です!

 

 

 

 

其の三:自分の目で確かめる

 

これも重要ですね〜( ´ ▽ ` )

てか、重要な事しか書いてないw

 

 

これはとても理解しやすいと思いますが、

『他人の戯言なんぞ信用ならねぇ』って事。

 

 

例えば、昨今ではユーチューバーなんて職業が流行っていて、

子供の『将来なりたい職業ランキング』にも名を載せるまでになりましたね。

 

 

 

YouTuberに限らずですが、ネット上には様々なマーケティング手法(集客法)が存在していて、

YouTuberでよく見かけるのは『◯◯を食べてみた』『◯◯を試してみた』などの実際にやってみた系動画。

 

つまりレビュー動画ですね。

 

 

そしてこのレビュー動画は、いわゆる ”ステマ” の場合があります。

もちろんレビュー動画=ステマとは限らない

 

 

 

チャンネル登録者数が増える=見てくれる人が多くなる訳ですから、世間への影響力が大きい訳です。

 

当然、その影響力の大きさに目をつけた企業が

『うちの商品をレビューしてくださいよ!ギャラは◯◯くらいだすので^^』

 

とオファーが来ます。

 

 

だから、その商品が良かろうが悪かろうが、

オファーしてきた企業が言う通りに台本を作り動画を撮ってアップロードします。

 

つまり、プロレスの様なものです。

もちろん全員がそうとは限らない

 

 

 

その他にも、

『◯◯はすぐ壊れてダメだった〜。本当に質が良かったものはこちら!→URL』

 

などと、同業他者を蹴落として自社の製品へと誘導する ”アンチマーケティング” と言う集客法もあります。

 

 

結局他人の言っている戯言なんて、どこまでが本当でどこが嘘かなんて分からないのですから、

気になる情報は自分で確かめてみるのが一番確実です^^

 

 

 

 

其の四:『赤信号、皆んなで渡れば怖くない』は嘘

 

日本人の国民性として ”同調” が良いもの考える人が多いのでこんな野暮な言葉が生まれたのだと思いますが、

 

良い物は良い。悪い物は悪い。

 

これが全てです。

 

 

『流行っているから大丈夫』

『いつも並んでいるからあの店は美味いのだろう』

この考え方はかなり危険ですし、

 

『認知度が低いから危ない』

『誰もやっていないから怪しい』

この考え方も危険です。

 

 

大勢がその道を進むから ”この道は正しい” とは限りません。

信号が赤なら、大勢でいようが車は突っ込んで来ます。

 

 

物事の本質を見極める際に、人数が多いか少ないかは関係ないって事です^^

 

 

 

其の五:信じるべきは、口ではなく『足』

 

 

警察だって、裏取りをせずに容疑者を逮捕する事はまず有りえません。

必ず足を使って、 ”何が本当で、何が嘘なのか” を見極めます。

 

 

口ではなんとでも言えますから、

他人の『口』ではなく、自分で足を使い情報を吟味し、自分の直感を信じる。

 

僕はこの方法でいつも物事を見極めています^^

 

 

 

■まとめ■

【こいけん流、物事の本質を見極める5つの方法!】

1、数字は絶対に嘘をつかない
2、多面的に(別の角度からも)捉える
3、自分の目で確かめる
4、『赤信号、皆んなで渡れば怖くない』は嘘
5、信じるべきは、口ではなく『足』

 

 

 

 

 

 


 

 

 

この度は、お忙しい中私のブログに訪問して頂き誠に有難うございます!!

 

このブログでは、私が日々学んでいる資産運用術やお客様の実績などを報告しております。

資産運用、副収入に興味がある方は是非一度お電話や直接お会いしてお話出来ればと思います^^

 

 

《KTGプロジェクト お問合せはこちら》

 

※画像がリンクになっています。

 

 

 

 

『勉強なんてサボってきたし、資格も無いし、どうせ俺なんて…』

と、迷いや不安は誰もが抱えています。

 

ただ、その迷いや不安を ”断つ” ”決める”

これが決断。

 

 

決断出来る人間は ”挑み”

決断出来ない人間は ”逃げる”

 

どちらも『兆し』と言うお金にまつわる漢字が使われていますが、

迷いや不安を断ち『挑み続けた人間』だけが富を築けると言う意味です^^

 

 

自分の人生、自分から逃げるのではなく挑戦してみたい方!

お問合せお待ちしております(^ ^)

 

 

 

 

 

 

LINE@の友達追加はこちら

 

資産運用に関してのご相談、お問合せや、

こいけんとお話してみたい方はLINEにご連絡ください^^

 

 

 

 

 


 

 

 

では、明日も20時に更新致します!

 

 

 

p.s 表面上で踊らされるのではなく、物事の本質を見極められる人間になりましょう!

 

 

 

-お金持ちの考え方, ビジネス, 資産運用
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

【投資に夢を抱いてしまっている人々への警告】良い加減目覚めなさい!

  ↑↑↑ ブログランキングに参加中なので、ポチッと押して頂けると嬉しいです♪           『矢印が出てそれ通りに賭ければ勝てる!』 …

負け試合を減らそう!バイナリーオプション初心者が必ず陥る罠

  ↑↑↑ ブログランキングに参加中なので、ポチッと押して頂けると嬉しいです♪                 …

バイナリーオプションの基礎知識 【ダイバージェンス編】

  ⬆︎⬆︎⬆︎ ブログランキングに参加中なので、”ポチッ” と押して頂けると嬉しいです♪         どうも、こいけんです(^ ^)v &nbs …

バイナリーオプションの基礎知識 【グランビルの法則とは?”】

  ⬆︎⬆︎⬆︎ バイナリーオプションブログランキングに参加中なので、”ポチッ” と押して頂けると嬉しいです♪           &nbs …

最近の出来事

バイナリーオプションブログランキングに参加中なので、”ポチッ” と押して頂けると嬉しいです♪ ⬇︎⬇︎⬇︎       こんばんは!こいけんです(^ ^)/✨ &nbsp …

KTGプロジェクト

KTGプロジェクト

syakkinhensai

借金返済

弟子募集

弟子募集

カテゴリー

アーカイブ